calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

profile

selected entries

categories

archives

recommend

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM

聖書の緑風

『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』
神のことばである聖書に教えられたことや感じたことを綴っていきます。
聖書には緑陰を吹きぬける爽風のように、いのちと慰めと癒し、励ましと赦しと平安が満ち満ちているからです。
  • 2017.07.17 Monday - 13:32

サムエル記を愛して その5  

サムエル記第一・第四章 サムエルの預言の成就・エリ一族の滅亡

 

 三章の終わりは『サムエルは成長した。主は彼とともにおられ、彼のことばを一つも地に落とされなかった』と締めくくられ、地にあまねくサムエルこそ主が遣わした預言者であることが知れ渡りました。もう愛らしい少年サムエルの姿はありません。颯爽とした青年サムエルの登場です。とはいえ、次にサムエルの名が見えるのは七章です。その間は過渡期であり、エリを中心とした支配体制が完全には終わっていないことを示しています。

 

 そのころ、イスラエルを悩ましていた外敵はペリシテ人です。彼らは隙をついてはイスラエルを攻撃してきます。それを迎撃するためにイスラエルはエベン・エゼルに陣を敷きますが、たちまち打ち負かされ、四千人が戦死します。長老たちは、なぜ主が我々を打ったのだろうと、敗因を主のせいにするのです。そして、勝利するためには主の箱を陣地に運んで来ればよいと決議し、主の宮のシロからかついできます。エリの二人の息子ホフニとピネハスも付き添っています。大事な神の箱を持ち出された老祭司エリは、この成り行きにどんなにか心を痛めたことでしょう。

 

 さて、神の箱がエベン・エゼルの陣地に到着すると、民は大歓声をあげて喜びます。神の箱は、神の臨在の象徴ですから、百万の味方より力強く思えたのです。しかし、神の箱の中に神がおられるのではないのです。箱がなければ神はいないのではないのです。箱だけあればいいというのでは、見える物への信仰になってしまいます。箱があってもなくても、神は信ずる者のそばにいてくださるのです。

 

 ところが遠くからこの様子を見ていたペリシテ人は動揺します。神の箱が敵陣のど真ん中にあっては負けいくさになるのは一目瞭然。彼らは言うのです『ああ、困ったことだ。だれがこの力ある神々の手から、われわれを救い出してくれよう。ペリシテ人よ。奮い立て』8、9節。出エジプト以来のイスラエルの神の力に恐れおののくペリシテ人は決死の覚悟で戦います。一方イスラエルは天下に並び無き神の箱を誇り慢心し気を緩め、おまじない信仰で戦いに臨みました。

 

 人の心を見られる神はどちらに勝利の軍配をあげたでしょう。残念ではありますが、勝ったのはなんとペリシテ人だったのです。結果はさんざんでした。

 

 戦場から走ってきた伝令はつぶさにエリに伝えます。エリは九八歳で盲目になっていました。それでも道に座って戦況報告を待ちわびていました。伝令は言います。『あなたのふたりの息子ホフニとピネハスは死に、神の箱は奪われました』17節。悲報を聞くとエリは倒れ首の骨を折って息絶えます。ホフニの妻は夫の戦死を聞いたショックで陣痛が起こり、出産すると死んでしまいます。死の間際に「栄光がイスラエルから去った」といって、我が子に『イ・カボテ』と絶望の名前を付けるのです。なんという悲劇でしょう。 

 

 こうして祭司エリの家族一同は死んでしまいます。神が再三再四忠告警告したとおりでした。嫁まで死んだとはさばきの厳しさを物語っていると思います。しかしわずかな希望が見えます。生まれたばかりのイ・カボテくんです。親はなくても子は育つといいますから、心ある女性たちが世話をしたことでしょう。彼が、まっとうな祭司になったかどうか、歴史は語ってくれませんが、祈りたい思いに駆られます。

 


  • 2017.10.04 Wednesday -

スポンサーサイト

Category : -