<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

聖書エッセー『サムエル記を愛して』その1

これからしばらくの間、2016年7月に出版した私の一冊、

聖書エッセー『サムエル記を愛して』を掲載していきます。

今までのようにご都合の良い時にお訪ねくださればたいへん幸いに存じます。

イエス・キリストの恵みをお祈り申し上げます。

 

 はじめに

 本著は『聖書を愛して』、『創世記を愛して』に続く第三弾です。

 聖書の【創世記】は天地創造の経緯から始まり、人類の祖であるアダムとエバの誕生、続いて神様が目をとめた一人の遊牧民アブラハムを祖とするイスラエル一族が、エジプトに移住するまでの歩みを綴っています。

 

【サムエル記一、二】は、偉大な指導者モーセによってエジプトを脱出したイスラエル民族が、神様に導かれて約束の地カナンに移住、繁栄し、王の統治する国家を形成して行くイスラエルの歴史を記しています。時代は士師時代からソロモンの即位直前までです。

 民族から国家への架け橋となるのが最後の士師預言者サムエルですが、この巻の中心人物は一介の羊飼いから二代目の王になったダビデです。その他、ダビデに先立つ初代の王サウルを筆頭に、多様な人物による波瀾に富んだ出来事が物語風に展開されています。

 

 本著では聖書が区分する一章ごとに、そこに繰り広げられるストーリーを中心に追いかけながら、背後で、絶対的権威と完全な愛で国や民を導く神のみこころにも思いを馳せたいと思います。いつもながらのことわりですが、本著は、聖書の解説書でも説教集でもありません。聖書を愛し、イエス・キリストの救いに感謝し、みことばに生きようと努める一信徒の信仰エッセーです。したがって随所に私見が入りますが、教理や神学を論ずる場ではありませんのでご理解を賜りますように。 

 
 

 

2017.05.31 Wednesday 22:13 | - | - | 
<< 『利根川の風 日本の女医第一号 荻野吟子の生涯』ゆかりの地訪問の写真 | main | サムエル記を愛して その2 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.01.09 Wednesday 22:13 | - | - |