calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

profile

selected entries

categories

archives

recommend

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM

聖書の緑風

『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』
神のことばである聖書に教えられたことや感じたことを綴っていきます。
聖書には緑陰を吹きぬける爽風のように、いのちと慰めと癒し、励ましと赦しと平安が満ち満ちているからです。
  • 2013.09.15 Sunday - 09:15

日曜日の朝に

台風18号が進んできています。すでに本州は大雨です。台風は明日、東海、関東に上陸の可能性が大きいと報じています。激しい雨脚が道路を叩いています。こうした悪天候のさなかに、礼拝のために教会へ向かうのは困難を要します。電車を乗り継いで、あるいは高速道路を車で、急ぐ方々を覚えます。進路が順調でありますように、祈ります。

 今朝、特に3組の方々のために祈っています。

ひとりは、一昨日、命には別条はないのですが、手術を受けた青年がいます。たとえどのようなことであれ、血気あふれる青年が、肉体にメスを入れられ、床に臥すのはお気の毒です。術後の痛みに苦しんでいると聞きました。イエス様を、知ってはいますが、まだ、個人的に救い主として受け入れてはいません。導きを祈ります。

 

もうひとかたは、長年のクリスチャン。二つ目のガンの手術をしたばかり。これからまた治療が始まります。どんなにか肉体的に苦しまれたか、ありありとわかります。こころも辛いでしょう。しかし、その合間にお仕事をし、お声にも笑顔にも聖霊の輝きがうかがわれます。背後の祈りを感じとり、感謝し、積極的に病と闘おうとしています。かえって、こちらが励まされ強くされます。主の栄光があらわされています。完全な癒しを祈ります。

 

もう1人は、悪性のガンを告知されたばかりの方です。家族中で悲嘆に暮れています。神様に祈り求めることを知りません。それだけに闇の深さは例えようもありません。医学だけが頼りですが、情報過多のこの時代、医師を信じきれなくて大風の中の木のように揺れに揺れています。初めて感じる死を恐れています。魂の平安と、神を求める心が与えられるように祈っています。

 

  『感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に入れ』
 

                                         詩篇1004

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

                     

Category : 日曜日の朝に

  • 2011.11.06 Sunday - 16:47

11月の第一主日


ステンドグラス


前回からだいぶ日にちが経ってしまいました。11月を迎えていささか驚きあわてています。ドイツ・スイスの旅から戻って、残務に追われていました。この1ヶ月、旅日記をもう一つのブログ『希望の風に』綴ってきました。ようやくひとまず終えました。92枚の写真と16000字の記事になりました。よかったら覗いていただければ幸いです。


今日の礼拝では、使徒の働き4章12節を中心にメッセージがありました。
『この方以外にはだれによっても救いありません。天の下でこの御名の他に、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです』
イエス・キリスト以外には救い主はいない、この方に救われて今の私がいる。それを再確認して、強い確信を持って大胆に証ししていきたいと願ったことです。


礼拝堂




Category : 日曜日の朝に

  • 2011.05.15 Sunday - 14:57

主の日(日曜日・聖日)の日を迎えて

 あじさい


大震災以来すっかりお休みしてしまいました。ところが、その間、一日として来訪者の途絶える日はありませんでした。感動しています。感激と感謝でいっぱいです。

ありがとうございます。

まだ、未公開の作品が多々ありますので、準備していきます。

 

今日は5月15日、朝からさつき晴れです。惜しみなく降り注ぐ陽光と、薫るそよ風に踊る若葉たちに、こころ洗われ、こころ生き返る思いがします。神様は御自身の指の業である自然界を用いて、人間たちを励まし支えておられることが伝わってきます。

 

この全能の神様に愛を込めて造られた者としては、神の家、キリストの体である教会へ行って礼拝をささげるのが、一番似つかわしい行為であると信じます。

 

教会では、献児式がありました。

先頃、クリスチャンホームに与えられた第二子の赤ちゃんを、ご夫妻が連れて来られました。礼拝の中で、赤ちゃんとファミリーのために祝福のみことばが読まれ、祈りがささげられました。赤ちゃんの祖父母に当たるご夫妻も遠くから式に駆けつけて来られました。

神の家族、キリストのからだである教会ならではの、アット・ホームな光景に、大きな拍手が送られました。

 

今日のみことば

『こういうわけですから兄弟たち。私は神のあられみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた、供え物としてささげなさい、それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。

 この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何がよいことで、神に受け入れられ、完全であるかのをわきまえ知るために、心の一心によって自分を変えなさい』ローマ12章

 

 
Category : 日曜日の朝に

  • 2008.10.26 Sunday - 09:23

日曜日の朝に


日曜日の朝に

東京は小雨がぱらぱらして、道行く人たちの雨傘姿が目につきます。
世の中では世界同時不況などとまたまた新語がとびだし、大きな渦がとぐろを巻始めました。近年にない物価の、それも食料品の上昇には、株価の乱高下には無関係な持たざる者の幸いも、吹き飛ばされそうです。

キリスト教会では、秋は特別の行事が行なわれます。有名講師による特別集会や講演会、またコンサートなど、一般の方々に呼びかけています。ここ休まるひとときが準備されています。お気に入りの傘を差しておでかけになりませんか。

ピリピ人への手紙4章6,7節
『何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝を持ってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に聞いていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いを、キリスト・イエスに守ってくれます』
Category : 日曜日の朝に

  • 2008.09.21 Sunday - 07:46

日曜日の朝に

コスモス

今朝、東京は薄雲の中から弱い陽が差しています。台風一過のスッキリした青空とはいえません。雨がないのは幸いです。これから外出する方も多いでしょう。ぜひ今日も教会へ行きませんか。

この世の物差しや自分自身の価値観で生きてきて、ちょっと失望を感じることはありませんか。こんなはずではなかったと、人知れず臍をかむ思いをしていませんか。イエス・キリストは逆転勝利の道です。新しい真理が輝いています。

マタイの福音書7章13節〜14節
『狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。
そして、そこから入って行く者が多いのです。

いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです』
Category : 日曜日の朝に

  • 2008.09.14 Sunday - 07:38

日曜日の朝に

日曜日の朝に

今朝、多くの教会では敬老感謝の礼拝をすることでしょう。高齢者の教会員を互いに喜び合い、プレゼントをし、ともにご馳走をいただきます。どこの教会でも、新来者を歓迎します。ぜひ、お出かけください。

聖書には老いや、老人に関して示唆に富む記述があります。

レビ記19章32節
あなたは白髪の老人の前では起立し、老人を敬い、またあなたの神を恐れなければならない。わたしは主である。

ヨシュア記13章1節
ヨシュアは年を重ねて老人になった。主は彼に仰せられた。「あなたは年を重ね、老人になったが、まだ占領すべき地がたくさん残っている。

箴言17章6節
孫たちは老人の冠、子らの光栄は彼らの父である。

使徒2章17節
神は言われる。終わりの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。

詩篇71篇18節
年老いて、しらがになっていても、神よ、私を捨てないでください。私はなおも、あなたの力を次の世代に、あなたの大能のわざを、後に来るすべての者に告げ知らせます。

箴言23章22節
あなたを生んだ父の言うことを聞け。あなたの年老いた母をさげすんではならない。
Category : 日曜日の朝に

  • 2008.09.07 Sunday - 08:23

日曜日の朝に 

秋の花

日曜日の朝に

突然、正に突然、一国の総理が責任ある大役を投げ出しました。
一瞬だれもが大きな驚きを隠せませんでした。ゲリラ豪雨にもじって、ゲリラ辞任と言いたいほどです。予測が付かない、驚かす、被害をもたらす?ということにおいて。

しかし、ちょっと考えてみると、これが世の中なのでしょう。変転極まりないのが世の常なのでしょう。朝生きていても、夕べには白骨となる、との図式通りなのです。
世の中に、人間に、変らないこと、ずっと安定して頼れるものなどないのです。

でも、それだからといって世の中に、まして自分の人生に諦めたり、やる気や、元気をなくしてしまうのは賢明ではないでしょう。もっと手応えのあるもの、もっと真実なもの、信頼していいものを探求すればいいのです。我が手中に得るまで。

マタイの福音書7章7節
『求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。
だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます』
イエス・キリストはあなたにそれを与えると約束しておられます。
今日も教会へ行きましょう。




Category : 日曜日の朝に

  • 2008.08.31 Sunday - 07:52

日曜日の朝に

日曜日の朝に

8月最後の日が日曜日と重なりました。夏の締めくくりにふさわしい一日です。一夏を思い起こし、守られたことを感謝し、今日も教会へ行きましょう。

日本列島はゲリラ豪雨という新手の無法者に翻弄されています。聖書の創世記にノアの洪水の記事があります。地球温暖化、異常気象では片付けられない大きな問題が潜んでいることを思います。
創世記6章から
『さて、人が地上にふえ始め、彼らに娘たちが生まれたとき、

神の子らは、人の娘たちが、いかにも美しいのを見て、その中から好きな者を選んで、自分たちの妻とした。

そこで、【主】は、「わたしの霊は、永久には人のうちにとどまらないであろう。それは人が肉にすぎないからだ。それで人の齢は、百二十年にしよう」と仰せられた。

主】は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった。

それで【主】は、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められた。

そして【主】は仰せられた。「わたしが創造した人を地の面から消し去ろう。人をはじめ、家畜やはうもの、空の鳥に至るまで。わたしは、これらを造ったことを残念に思うからだ。

Category : 日曜日の朝に

  • 2008.08.24 Sunday - 07:10

日曜日の朝に


今日の東京は最低気温が20度を下回りました。最高気温26度と予報され一日雨模様です。ひんやりとして寒いと言いたいほどです。季節は移っていきます。世の中も、人も、特に人の心は移ろいやすいものです。変らないもの、永遠に変らないものがほしいではありませんか。

聖書の神は永遠です。永遠の愛です。永遠のいのちです。
キリストの教会では今朝も不滅の神をたたえて礼拝が行なわれます。そこで、この神について説教がなされるはずです。それは聞く者を平安と喜びで満たします。
秋の入り口の今朝、教会へでかけませんか。

ペテロの手紙第一 一章24節
『人はみな草のようで
 その栄えは、みな草の花のようだ。
 草はしおれ、
 花は散る。
 しかし、主のことばは
 とこしえに変ることがない』
Category : 日曜日の朝に

  • 2008.08.10 Sunday - 09:59

日曜日の朝に

日曜日の朝に

8月は、日本にとって忘れられない大きな痛みの経験があります。広島と長崎の原爆体験です。この悲劇を通して、私たちは何を思うべきでしょうか。言うまでもなく恐ろしい戦争のないこと、それ以上に本当の平和が実現することではないでしょうか。

真の平和はどこにあるのでしょうか。どこかにあるものを運んでくればいいのでしょうか。そうではなく、平和はつくり出されるべきものです。ひとり一人がつくるものではないでしょうか。しかし、はたして、人間がつくり出せるものなのでしょうか。

 夏期休暇で日本中が沸き立っています。北京ではオリンピックが開かれています。人々の心と目がおちつきなく外に向けられているときも、イエス・キリスト教会は、一心に神をみつめて礼拝を捧げています。あなたもその一人になりませんか。どこの教会も歓迎してくれるでしょう。



マタイの福音書5章3節〜10節
心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。
悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。
柔和な者は幸いです。その人たちは地を受け継ぐから。
義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。
あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。
心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。

平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。
義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。
Category : 日曜日の朝に

| 1/3PAGES | >>